« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

1月30日

きょうは南岸低気圧の影響で広い範囲で雪や雨が降り、横浜でも朝のうち積雪があったが、雨に変わったため、大きな混乱もなかった。
早朝より、戸塚事務所にて、各打合せ来客・陳情対応を行う。
日中は民社協会新春の集いの案内に地域を廻る。
夕方、自動車総連賀詞交換会、FMとつか賀詞交換会に出席する。

昨年12月の総選挙は「大義なき解散」であった。
消費税と解散がどうしてつながるのだろうか。
安倍総理は、消費税について政権交代した2012年の選挙公約に掲げていない重要な政策の変更を決定した。
そして、国民の信を問うのは民主主義の王道だなどと開き直ったのである。
消費増税延期の判断に関しては、わざわざ衆議院を解散しなくても、いわゆる景気弾力条項、税制抜本改革法の付則18条3項に基づいて粛々とできたはずであるし、その為に私が体を張って当時付則を付けたのである。
アベノミクスは、一部の大企業、株などの資産を持つ者だけを太らせて、サラリーマン、年金生活者の生活をどんどん苦しめている。
異次元の金融緩和が行き過ぎた円安をもたらし、賃金の上昇以上に物価の上昇を招き、実質賃金は連続17カ月減少を続けている。
国民の生活をさらに苦しめるような施策をしておいて、何がデフレ脱却だと言いたい。
安倍政権では3本の矢の政策により経済の好循環が着実に生まれ始めており、批判は当たらないし、10%への引き上げについては景気判断条項を付すことなく確実に実施すると自らに都合よく運用していくことを宣言している。

|

1月29日

早朝より、戸塚事務所にて来客、陳情対応、各相談を受ける。
日中は民社協会新春の集いの案内に地域を廻る。
夕方、フード連合賀詞交換会に出席する。

相対的貧困率は16.1%、17歳以下の子どもの相対的貧困率は16.3%と先進諸国の中で極めて貧困率の高い国である。
生活保護を受けている子どものうち4人に1人が大人になっても生活保護から抜けられない貧困の連鎖の状況である。
貧困の連鎖を防ぐため低所得者層に対し所得再分配政策に目配りをする必要がある。
日本はあまりにも格差対策が遅れている。
GDPの比率で先進国の中で、公共事業は1位、子育て支援、教育予算は先進国最低レベルである。
大学進学率も現在では5割、所得が400万円以下の世帯は3割と意欲と能力があってもお金がないといけないという傾向が強くなっている。
給付型奨学金の創設をはじめとする格差対策を強力に推し進めなければならない。

|

1月28日

早朝より、戸塚事務所にて来客、陳情、各相談を受ける。
午前中は磯子区での不動尊縁日のお参りを行う。
午後は、カラオケサークルの新年定例会にて挨拶。
その後、神奈川民社協会新春の集いの案内に地域を廻る。

平成26年の神奈川県内での企業倒産は、件数は前年比0・5%増の589件であった。
業種別では、サービス業・その他が最も多く、昨年4月の消費税率アップによる消費低迷のあおりを受けた結果、同37・1%増の144件と大幅に増加し、建設業が続いている。
不況型倒産が全体の約9割を占めている。
アベノミクスの失敗によって、すでに中小企業を中心に倒産が急増する現実がこの数字からもわかる。
中小企業の経営者は“経済の好循環を全国津々浦々まで届ける”と訴える安倍総理に期待して、歯を食いしばってきたが、アベノミクスの恩恵はほとんど届いていない。
総理は、中小企業の賃上げをアピールしていが、賃上げどころか、いずれリストラに踏み切り、人件費を削り、倒産する企業が続出してもおかしくない状態である。
中小企業が、金融機関から借り入れを行う再、保証協会による保証付けの融資を受けるのが一般的である。
その上限が3000万円であるが、その上限を6000万円程度まで上乗せし、融資を受けやすくする必要があるのではないだろうか。

|

1月27日

早朝より、戸塚事務所にて来客・陳情対応、各打合せを行う。
日中は、民社協会新春の集いの案内に地域を回る。
夕方、JA横浜ボーリング大会にて挨拶。
夜は、横浜市理容野球連盟新年会にて挨拶を行う。

安倍総理は、戦後50年の「村山談話」や60年の「小泉談話」を「全体として受け継いでいく」と発言している。
村山談話は「植民地支配と侵略によって、アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」と認め、「痛切な反省」と「心からのおわび」である。
しかし、総理はNHKの番組で、「植民地支配や侵略という文言を引き継ぐか」と問われ、「いままで重ねてきた文言を使うかどうかでなく、安倍政権としてこの70年をどう考えているかという観点から出したい」 「今までのスタイルを下敷きとして書くことになれば、『使った言葉を使わなかった』『新しい言葉が入った』というこまごまとした議論になっていく」との発言がされた。
安倍談話の内容は、中国や韓国だけでなく、東アジアの安定を求める欧米諸国も注目している。
からだ。
村山談話はその後のすべての総理が継承し、国際社会でも高い評価が定着している。
談話そのものは国会で審議するものではないが、総理の歴史認識についてしっかりと議論してゆかなければならない。

|

1月26日

早朝、地元のラジオ体操会に出席。
その後、戸塚事務所にて来客・陳情、各打合せを行う。
日中は民社協会新春の集いの案内に地域を回る。
夕方、通夜参列。
夜は、横浜地域連合賀詞交換会、神奈川県美容生活衛生泉新年会に出席する。

第189通常国会が開会した。
第3次安倍政権としては初めての本格的な論戦となる。
政府は経済再生や地方創生対策を盛り込んだ平成26年度補正予算案と平成27年度予算案の早期成立を目指している。
後半は集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法案の整備が焦点となるであろう。
現実には、経済・国民生活・安全保障・労働法制・戦後70年談話の問題など課題が山積である。
多くの課題を前に、対案を示しながらしっかりとした厳しい議論を行っていかなければならない。
自民1強体制のなかで、しっかり国民の声を代弁し、政府をチェックすることが求められている。
国民の不安を解消してゆかなければならない。

|

1月25日

早朝、JAみなみ総合グランドを会場に、私が会長を務める『第29回青空ソフトボール大会』開会式を行う。
昨年末、本来ならば準備期間に衆議院解散総選挙が行われたため、準備期間が短かったが、来年迎える30回記念大会につなげる為にも是非開催したいとの思いを受け、何とか開催に辿り着くことが出来た。
その後、二地区合同親睦バレーボール大会開会式を戸塚区バレーボール協会会長として行う。
深谷小学校で行われた戸塚区駅伝大会開会式、地域活動ホームしもごうまつりに駈け付ける。
泉区舞踊協会新年会に出発する皆さんを戸塚駅で見送る。
午後は、戸塚区肢体福祉協会賀詞交換会に偵察。
青空ソフトボール大会表彰式・閉会式を行う。
結果は、男子の部平戸高層フェローズ、女子の部アトラスがそれぞれ優勝した。
夕方、そがべ久美子事務所の神事に参列する。
その後、戸塚事務所にて来客・陳情、相談を受ける。

昨夜「イスラム国」とされる集団が日本人の人質1人を殺害したとして、後藤健二さんとみられる男性が湯川遥菜さんだとする遺体の写真を持つ画像をネットに公開した。
また、後藤さんを名乗る男の声で、「イスラム国」の要求は、ヨルダン政府が収監した女性死刑囚との交換だと訴えている。
様々な情報からも、非常に厳しい状況で、何とか二人には無事帰ってきていただきたいという思いである。
伝えられているところが正しいとすれば、ヨルダン政府の対応が非常に重要になってくるのではないだろうか。
日本の外交力の総力を挙げ、無事日本に戻ってきていただくために努力してもらいたい。

|

1月24日

早朝、毎週土曜日に実施している各級議員と事務所スタッフとのミーティングを実施し、先週日曜日に実施した成田山初詣の反省を中心に確認する。
終了後は、民主党神奈川県第5区総支部常任幹事会に出席する。
その後、民社協会新春の集いの案内に地域を回る。
夕方、湯河原での賀詞交換会にて挨拶。
地元へも戻り、根下自治会賀詞交換会、小糸睦新年会、JP労組戸塚泉支部賀詞交換会、ボーイスカウト96団新年会に挨拶に回る。
夜は、私の男にする会役員会を開催する。

 
農協改革を巡る議論が激しくなってきた。
全国に約700ある農協(JA)を束ねる全国農業協同組合中央会(全中)の地域農協に対する統制力を弱める安倍政権の改革案に、自民党の農林族議員が強く反発している。
政府は、農協法に基づくJA全中の地域農協への指導・監査権を全廃し、経団連などと同じ任意組織に移行させることを目指している。
しかし、JA全中は指導・監査権を存続させる自己改革案をまとめ、真っ向から対立している。
先の佐賀県知事選で与党推薦候補が、農協の政治団体が支援した候補に敗れた影響は大きい。
本来、目指すべき姿は、国内農業を再生し、競争力を高めるために役立つ組織に改めることである。

|

1月20日

早朝、JA大正支店青壮年部の旅行の見送りを行う。

その後、戸塚事務所にて各打合せ、原稿執筆をする。

日中は、来月12日に開催する神奈川民社協会新春の集いの案内に地域を回る。

夕方、神奈川県行政書士政治連盟賀詞交換会、自治労横浜賀詞交換会に出席する。

 

文部科学省は、小・中学校の統廃合を進めるための自治体向けの「手引き」を中央教育審議会の分科会に示した。

6学級以下の小学校、3学級以下の中学校は速やかに統廃合を求める内容である。

対象となる小規模な小中学校は、県内では20市町村で61校。

人口増が続く横浜市内でも鶴見、神奈川、保土ケ谷、戸塚、瀬谷の5区で6校が対0象となっている。

これまでは12~18学級を標準とするものの、無理な統廃合をしないことや小規模校でも存続させることがのぞましいこともあるとしていた。

しかし、少子化を口実に統廃合に積極的に取り組み、「クラス替えができない」などのデメリットで統廃合を求めている。

財務省は、全校が12学級以上になれば、5462校が削減できとして統廃合をすすめようとしている。

|

1月18日

毎年恒例として行っている成田山新勝寺初詣をバス15台にて実施する。
早朝戸塚事務所を出発し各集合場所より皆さんと一路成田山を目指す。
成田山参拝と、浅草寺散策を楽しみ、晴天の下参加された皆さんも満足した初詣となった。

民主党代表選は臨時党大会で投開票され、私も推薦した岡田克也代表代行が細野豪志元幹事長と長妻昭元厚生労働相を破って新代表に選出された。
事前に行われた党員・サポーターと地方議員の投票結果は細野氏202ポイント、岡田氏199ポイント、長妻氏94ポイント。党所属の衆参両院議員と次期参院選の公認内定者の投票結果は細野氏96ポイント、岡田氏95ポイント、長妻氏74ポイント。合計で298ポイントを獲得した細野氏が1位、294ポイントの岡田氏が2位、168ポイントの長妻氏が3位となり、過半数を獲得した候補者がいなかったため、上位2氏が決選投票に進んだ。
決選投票は国会議員と公認内定者によって行われ、岡田氏が133ポイントを獲得し、細野氏の120ポイントを上回った。
政権交代は容易なことではない。全員の力が必要だ。私と一緒に苦しい道を乗り越えていこうと呼びかけ、政権を担える政党と思ってもらえるよう、安倍自民党としっかり戦っていきたいと表明した。

|

1月15日

早朝の駅頭活動は、今にも雨が降り出しそうな中、相鉄いずみ野駅にてふもと理恵市会議員、松本清県会議員と共に実施をした。
終了後は戸塚事務所にて各打合せ、私の母校である福島県立双葉高校同窓会の運営についての打合せ会を行う。
午後は、UAゼンセン同盟神奈川県支部賀詞交換会に出席。
夕方は、私の後援会役員を永年務めていただいた方の通夜参列する。
夜は、横浜清掃労組賀詞交換会、神奈川県保険医協会賀詞交換化に出席する。

安部政権は歳出総額が96兆3420億円の2015年度予算案を閣議決定した。
防衛予算は、集団的自衛権の行使容認を踏まえて3年連続増の過去最高額となったが、沖縄県の振興予算は減らし、生活保護費を一部で減額するなど暮らしを支える経費は抑制している。
公的介護を担う事業者への介護報酬は2・27%減額や、生活保護も家賃にあたる住宅扶助費と防寒費にあたる冬季加算を削減し、生活扶助費も3年連続の減額である。
8月以降、介護保険の利用料を所得に応じて1割から2割にアップし、70~74歳の患者負担は新たに70歳になる人から順次2割に倍増する。
防衛予算は前年度比2・0%増の4兆9801億円。
ステルス戦闘機F35や、新型哨戒機「P1」を20機購入、さらにはオスプレイ5機を購入するため3504億円を計上。
まとめ買いすることで経費を抑えたと説明しているが、長期契約によって次年度以降も予算を計上し続ける必要が生じ、防衛費が膨らみ続ける要因になる。
地方創生関連には約3兆円を投じるが、このうち約1兆円は人口減対策や人材育成などに自治体が取り組む事業に使うが、地方へのばらまきであり、4月の統一地方選対策にほかならない。
安倍総理は社会保障の充実に最大限取り組んだと自己評価しているが、暮らしや弱者への予算配分は先細りである。

|

1月13日

早朝の駅頭活動は、東戸塚駅東口にて坂本勝司市会議員と共に実施をした。
終了後は、相談対応で伊勢原に向かう。
午後は、東京税理士会賀詞交換会、オセアン大洋ホールディングス賀詞交換会、神奈川県教職員組合賀詞交換会、神奈川県理容組合戸塚・泉・栄支部新年会、横浜戸塚ライオンズクラブ新年例会にそれぞれ出席する。

11日に投開票された佐賀県知事選挙では、昨年7月の滋賀、11月の沖縄の両県知事選に続く自民党の「3連敗」となった。
告示前は自民党が全面支援した前武雄市長の樋渡氏が「圧勝」とみられていたが、結果は当選した山口氏に4万票差であった。
安倍政権のやり方に再びNO!が突きつけられたのである。
安倍政権がアメリカ軍基地移設計画に反対して当選した翁長沖縄県知事に対し、政府関係者を面会させず、予算を削減するという『報復措置』など、地方無視の安部政権のやり方に、誰もがおかしいと感じている。

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »