« 5月18日 | トップページ | 5月23日 »

5月19日

今日は、神奈川民社協会理事会、第19回定期総会を開催する。
総会では昨年度の活動報告・選挙結果報告が行われ、昨年12月の総選挙の総括、地方議会中間選挙の結果報告が行われた。
参議院選挙に向け神奈川選挙区牧山ひろえ、全国比例区民社協会五候補(川合孝典・磯崎哲史・浜野喜史・定光克之・轟木利治)全員の当選に向け一丸となって戦い抜くことを決議する。
最後に総会宣言として、民社協会は年金・医療・介護・子育てを中心とした福祉国家建設のため、国民の声をもとに、国民本位の政治を貫いてゆくべきであるとし、働き者の生活向上を目指し、国民に理解される行動と、それぞれ地域の特徴を活かした地方の政治が行われるよう、協会所属の議員が一丸となって、ともに努力することを決議する。

午後は、泉区上飯田連合自治会総会にて挨拶。
その後、横浜建築一般労組旭瀬谷支部定期大会に出席。
思金神社例大祭に参列する。
夕方、戸塚区管工事組合総会に出席し挨拶をする。

北朝鮮は午後、東部の日本海沿岸部から北東方向の海上に短距離ミサイル1発を発射した。
既に昨日も同沿岸部から短距離ミサイル3発を発射している。
世界の平和と安定を脅かす、まさしく狂気の沙汰としか言いようがない。
拉致問題への誠意も見せず、核開発、ミサイル発射などの蛮行を繰り返す北朝鮮。
既に、朝鮮が新たな核実験やミサイル発射をした場合は安保理として「更なる重大な措置を取る決意」を表明している。
国際社会は本決議を厳格に実行し、北朝鮮の更なる挑発行為を阻止しなければならない。
国際協調の枠組みの下、各国と緊密に連携し、本決議が実効性を持ち、核・ミサイル・拉致問題の早急な解決がはかられるようしなければならない。

|

« 5月18日 | トップページ | 5月23日 »