« 6月25日 | トップページ | 6月27日 »

6月27日

朝の駅頭は市営地下鉄踊場駅にて、泉区選出中島けんご・松本さとし市会議員、松本清県会議員、戸塚区選出曽我部久美子県会議員による議会と地元の問題についての報告、私の国政報告を共に実施した。
今朝も仲間の皆さんにプレス民主号外の配布のお手伝を頂いた。

働きたくても働けないシングルマザーのためにも。
昨日、生活保護の母子加算を復活させるため、民主・共産・社民・国民新の野党4党が提出した法案が参議院厚生労働委員会で可決された。障害のある子どもを抱え、働きに出ることができないなど様々な問題を抱えながら、必死に生活している中、今年4月には母子加算は打ち切られ、厚生労働省は、母子加算廃止に代わり「ひとり親就労促進費」を導入したが、このような働けない事情がある人は利用できないのが実態である。

私は道路特定財源については前から反対している。
特に高速道路の無料化を訴えている。高速道路については皆さんが車を購入した際にもう既に、取得税・重量税・登録税・地方税等7つの税金を納めているのである。暫定税率についてはガソリン価格が上がれば上がるほど税金を多く納めているのである。
高速道路を無料化すると、経済効果も相当生まれてくる。そして料金所を廃止することによって天下りを廃止することになり、このような所に着目する必要がある。
自民党は何故1000円なのか?しかも土日祭日、2年間に区切ってETC搭載車だけである。
まさしく選挙目当てだけであり、経済効果などと言う事は一切考えていないのである。さらには料金所を廃止すると天下りを廃止することになり、料金所を廃止せず、ETC搭載車の限定するのは、そこへも天下っているから、ETCをより促進をしようと言う事である。
この様に多くの問題を抱えてその問題の解決をしないで経済効果と言っている。
問題は時と時代によって世の中の情勢は大きく変わっていく。だからこそその事にしっかりと対応していかなければならない。

|

« 6月25日 | トップページ | 6月27日 »