« 6月21日 | トップページ | 6月23日 »

6月22日

朝の駅頭は時折小雨の降る中、戸塚駅西口にて、川辺よしお市会議員、北井宏昭・曽我部久美子両県会議員による議会と地元の問題について報告、私の国政報告を共に実施した。今朝も内田しげお事務所をはじめ多くの仲間の皆さんにプレス民主号外の配布のお手伝を頂いた。
午前には子育て中のお母さんたちとの懇談会を戸塚区で開催し様々な悩みを聞かせていただく。やはり教育問題の話が中心であった。夕方には泉区中川地区での座談会。水戸まさし参議院議員、松本さとし市会議員も会場へ駆けつけていただいた。

皆さんの暮らしを大切にする政治、皆さんの生活を第一にする政治を実現しなければならない。
その様な中、今や国の借金は825兆円、一人当たりおよそ630万円の借金である。借金はやがて返さなければならないが、返す方法は2通りしかない。
一つには、景気対策をしっかりと行い、税収で賄う方法。
もう一つは、徹底的な行政改革や無駄遣いを無くすと言う方法。
もう一つの道は増税という道である。
自民党が選んでいるのは第3の道、すなわち消費税をはじめとする増税の道を選んでいるのである。
私はそうでは無い、やはり何と言っても無駄遣いを止めさせる、景気対策を行い皆さんの納める税金を1円たりとも無駄にさせないとの思いでこの取り組みを行っている。
政治は皆さんのものであり、政党や政治家のものではない。
国家と国民の立場に立った政治を行うと言うのが本来の政治の在り方である。
だからこそ、今の政治を変えたい。むしろ今行っている自民党の政治は国家、国民の為の政治ではない。官僚の為の政治、それが随所に無駄遣いが生じているのである。
“省あって国無し。”自分たちの省のことは考えるが国家や国民のことは考えていないのが今の自民党である。

|

« 6月21日 | トップページ | 6月23日 »