« 5月23日 | トップページ | 5月25日 »

5月24日

早朝各地でのスポーツ大会にて挨拶をする。今日は早朝から生憎の雨、体育館での開催へ変更など、主催者も大変であっただろう。
午前中は、私が会長を務める神奈川県民社協会総会を代議員の出席により開催し、慎重審議頂いた。
午後は上飯田地区連合町内会、社会福祉協議会の総会へ。その後市営地下鉄立場駅にて街頭活動を松本さとし市会議員、松本清県会議員と共に実施した。

厳しい環境が続く中、今何一つとして官僚の皆さんは、税金の無駄遣いを反省するどころか、今回の補正予算でも約4兆円もの金額が無駄遣いの対象となっている。
だからこそ、私田中慶秋は“なんとか政治を国民の手に取り戻さなければならない”との思いで活動している。
鳩山由紀夫代表に変わり、新体制での活動が始まったところである。
私は、今こそ日本の政治を変えていかなければいけない。皆さんの暮らし、皆さんの生活を第一にする政治に変えていきたい。
さて、もう一つの問題は何と言っても官僚政治と併せて、中央集権的なやり方は絶対にこれは直していかなければならない。
国と地方の在り方、中央から地方へと言われてから久しいが、その地方の在り方そのものをもっとメスを入れていかなければならない。
ここにも多くの税金の無駄遣いが生じている。何と言っても地方で、戸塚で、泉で、瀬谷で、そして横浜でできることはこの横浜に任せることが一番である。各省庁ごとに地方に置かれた出先機関による二重行政などの無駄を無くし、中央から地方へ、行政の姿を変え、権限、財源を含めて国と地方の関係を問い直し、地方の活力を見出していかなければならない。

|

« 5月23日 | トップページ | 5月25日 »